2021年07月21日

時間外に最も大きな動きをした銘柄。Netflix、Chipotle、ユナイテッド航空など

Netflix(ネットフリックス) - ストリーミングプラットフォームを提供するNetflixの株価は、時間外取引で2%下落しました。Refinitivによると、Netflixの一株あたりの収益は2.97ドルで、予想の3.16ドルを下回りました。収入は予想を上回りました。第3四半期の純加入者数は350万人を見込んでいるとのことですが、アナリストの予想を200万人近く下回りました。

Chipotle - メキシカン・ファストフード・チェーンの株価は、四半期決算のトップラインとボトムラインを上回り、延長取引で4.5%上昇しました。Chipotleは18.9億ドルの売上で7.46ドルの利益を計上しました。Refinitivによると、アナリストは18億8,000万ドルの売上に対して6.52ドルの利益を予想していました。

ユナイテッド航空 - Refinitivによると、1株当たり3.91ドルの損失を計上した後、同社の株価は0.5%だけ下落しましたが、アナリストの予想と同じでした。ユナイテッド航空の収益は54億7,000万ドルで、予想の53億7,000万ドルを上回りました。ユナイテッド航空は、第3四半期および第4四半期に税引き前ベースの利益を計上する見込みであると述べています。

インタラクティブ・ブローカーズ - オンライン証券会社の株価は、四半期決算を発表した後、時間外取引で1%下落しました。Refinitivによると、Interactive Brokersは1株当たりのEPSが82セントとなり、予想通りの結果となりました。リテール投資会社の収益は7億5400万ドルで、これは予想に匹敵するものではありませんでした。


keibaki at 14:16|PermalinkComments(0) 株式 

2021年03月25日

キーンランドで開催されるブリーダーズ・カップへのファンの入場は禁止

2020年のブリーダーズ・カップは、COVID-19の発生が続いていることから、主催者がキーンランドでのファンの入場を禁止すると発表したため、非公開で開催されることになりました。

11月6日と7日の2日間に渡って開催されるこのイベントには、ブリーダーズカップの健康・安全計画の一環として設けられた厳格なガイドラインとプロトコルに基づき、必要な人員と参加者のみが入場できます。

この決定は、アンディ・ベシア・ケンタッキー州知事、競馬場、地元の保健当局、独立した医療専門家との協議を経て、大規模なスポーツイベントが安全に運営できる条件を確立するために行われました。

また、ブリーダーズカップでは、賞金の削減は行わず、2019年と同水準の3,100万ドルの賞金と賞品を提供することを確認しました。今年の初めに発表された400万ドルの増額は、2021年に延期されました。

"ブリーダーズカップの社長兼CEOであるドリュー・フレミングは、「今年のブリーダーズカップ・ワールドチャンピオンシップを、ファンが来場しない状態で開催するという決定は、決して軽いものではありませんでした」と述べています。

"しかし、何ヶ月にもわたって慎重に検討、計画、協議を重ねた結果、我々のコミュニティの健全性を守りながらイベントを進めるためには、これが正しい決断であることがはっきりしました。

"多くの主要なレースイベントがパーパスを大幅に削減しているにもかかわらず、2019年のパーパスレベルを維持して、この困難な年にノミニーとホースマンをサポートできることを誇りに思います」。

同時に、2022年にはキーンランドが開催地となり、来年のチャンピオンシップはカリフォルニア州のデルマーに戻ることが明らかになりました。

ブリーダーズカップ委員会委員長のフレッド・ハートリッチ氏は次のように述べています。"レキシントンの競馬ファン、企業、サラブレッド業界のメンバーなどの地元コミュニティは、私たちのスポーツを支える存在であり、私たちは、彼らがその可能性を最大限に発揮したイベントを短期間で体験する2度目の機会を得るに値すると信じています。

"そのため、我々はキーンランドに2022年の世界選手権を授与することを誇りに思っており、わずか2年後にレキシントンにブリーダーズカップを取り戻すことを楽しみにしています」と述べています。

2020年のチケットをお持ちの方は、全額返金され、キーンランドで開催される2022年のブリーダーズカップ世界選手権の同種または類似のチケットを購入するための優先的なアクセス権が与えられます。


keibaki at 14:27|PermalinkComments(0) レース回顧 

2021年03月04日

サンデーサイレンス系は海外で勢力を伸ばすのか

土曜日のキプコ2000ギニーでエイダン・オブライエンに9回目のキプコ2000ギニー制覇と300回目のグループ/グレード1制覇をもたらしたサクソンウォリアーは、日本のスーパースター、ディープインパクトの息子であり、この数字に貢献することは間違いなさそうだ、とドミニク・ガーディナーヒルは書いている。

昨年のヨーロッパ2歳馬ランキングでは、1199という成績で同馬のU S Navy Flag (122)に次ぐ2位に評価されていたサクソンウォリアーは、ニューマーケットで1馬身半差の圧勝で121という成績を残している。鞍上がステップアップしてくれれば、今後の活躍が期待できそうです。

このレースの私のレベルは、2着のティップ・ツー・ウィンがレース前の106から117へと大きく前進したというサプライズも含まれています。 これは3位のマサール(レース前118)にも当てはまる数字だ。 4着のエラルカムは112から116へと4ポンドアップしています。

勝者の厩舎メイト、グスタフ・クリムト Gustav Klimt (6着)が現在の112を再現し、ジェームス・ガーフィールド James Garfield (7着)はグリーンハムの勝ち馬である112を1ポンド下回り、ニューベリー4番人気(8着)が108を再現し、前走のムリーロ Murillo (9着)がレース前の107を再現していることから、この段階では比較的きれいに数字が積み上がっていることを嬉しく思います。

マサールは118でレースに臨んだにもかかわらず、1ポンド下げて117としましたが、これはギニー3着にしては少し変な感じがします。クレブンでの印象的な成功は自信を持って評価するのが難しく、118という数字は、より競争力のある信頼できるレースに出走するまでの短期的な「持ちこたえ」の数字であったことを指摘しておきたいと思います。クレイブンでの成績がギニーでの成績よりも優れているとは考えにくいので、今は両方とも117と呼んでいます。


keibaki at 18:43|PermalinkComments(0) レース回顧 

2021年02月22日

レースを見直すことで次の馬券に生かす

土曜日にアスコットで行われたベトフェアのデンマン・チェイスでクラン・デ・オボーが相手を苦しめましたが、昨年見たものとは違う動物であることを示し続けているとマーティン・グリーンウッドは書いています。


クラン・デ・オボーとハリー・コブデン

ボクシングデイのケンプトンで直面した馬ほど過酷な馬場ではなかったが、クランデオボーは、前走で楽々と追いかけてきた159番人気のテルフォール(3ポンド差)を、果敢にジャンプして楽々と振り切った、見た目にも美しい競馬を披露した。レーティング的には、馬がほとんど手綱を外していない状態では何とも言えませんが、ケンプトンの173番人気は今シーズンのステイティング部門で見た中では最高の成績だったと思います。次のチェルトナムは今シーズンの平坦コースとはまた違った試練が待っている。しかし、フェンスでの出走では2着に終わっています。

週の初め、リバプールで開催された楽しいイベントで初めてグランドナショナルのウエイトを計量する機会に恵まれた。4日後にはヘイドックで開催されたウィリアムヒル・グランドナショナル・トライアル・ハンディキャップに参加することが発表された。半数以上の馬がナショナルエントリーを持っていたので、このレースは非常に有益な戦いになったように見えましたが、レースでは季節外れの高速馬場であっても、サーチングペースで、ほとんどの馬がホームから遠く離れた場所でトラブルに見舞われました。レースは事実上、ホームストレートで3馬身差の争いになってしまいましたが、このレースではロビンズファースがラムセス・デ・セイユとシェフ・ドヴル(ハンデ戦で3ポンドの差をつけて出走した)を抑え、2馬身ほどの差をつけてゴールしました。ラムセスだけが「ビッグワン」にエントリーしていて、ナショナルが早く閉幕したことを考えると、このレースには5ポンド(約5ポンド)の「余裕」で臨むことになるでしょう。ロビンズファースも自己ベストの154(6ポンド増)を記録していますが、シェフは134(レース前の評価から7ポンド増ですが、出走したマークより4ポンドしか高くありませんでした)で、以前の自己ベストに近い状態に戻っていました。


keibaki at 18:18|PermalinkComments(0) レース回顧